シマリス ミルの部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

前回の日記から1ヶ月以上が経ちましたが、前回の日記を書いてから、数時間後にミルはお星さまになってしまいました。

さっきまでご飯を食べていたのに、次に見た時はミルが巣箱の前でぐったりとしていて、慌てて主人を呼んで、ミルを助けようとしたけど、食べたものを喉に詰まらせたのか肺に入ってしまったようで、深夜だったので動物救急センターに電話をしている間に、ミルは息を引き取りました。最期にミルが息をするのがどんどん辛くなっていって、呼吸も弱くなっていって…私達の呼びかけにも答えてくれなくなりました。
ミルは、自分の動きが今までのようにとりづらくなったり、ご飯を上手に食べれなくなったりして、しんどかったと思います。それでもミルはご飯やお水を飲もうと必死で、最期まで諦めていなかっただろうと思うと、何でもっと早くに気づいてあげれなかったのだろうと、涙が止まりませんでした。

動かなくなったミルを抱えながら、ずっと泣いていました。ミルをお迎えしてから約5年4ヶ月、いろんな事がありました。
ミルは女の子だけどお転婆さんで、病院に行っても脱走して先生の肩や背中に乗って逃げたり、自分からカーテンレールまで登ったのに、降りれなくなったり。
子供頃はタイガーになる事もあったけど、年々タイガー度は低くなっていって、お転婆さんも控えめになったかも知れない。
帰省の時には移動用のケージで一緒に新幹線や車に乗って移動したけど、ストレスにならないかと毎回心配していたけど、いつもミルは元気でいてくれた。
ミルが居てくれたから何度も救われた事があった。

ミルが居なくなって1ヶ月が経ったけど、心に大きな穴が開いてしまったようで、家の中も寂しくて、何をしても自分が自分じゃない感じで、ボーっと毎日が過ぎていきました。
今は、普段の自分を取り戻しているつもりだけど、やっぱりミルの事を考えると涙が溢れてしまいます。それだけ、私にとって我が家にとって、ミルの存在はとても大きいのだと改めて気づきました。
ミルはお星さまになってしまったけど、これからも私達の中でずっと生き続けます。

今回で、ブログの更新は最後になりますが、今まで、ブログを観覧していただいて有難うございました。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。